Organic cotton





洋服にはコットンがよく使用されています。


コットンというと、自然素材で土に還る環境に優しい素材というイメージがありませんか?

しかし、コットン栽培は環境にかなり負荷のある方法で育てられています。


デリケートで栽培が難しいコットンは、世界一農薬を使う農作物であるとも言われます。


普通の綿花栽培では、かなりの量の化学肥料と農薬が使われています。

農薬は害虫駆除、雑草除草、殺菌消毒、落葉剤などで、国ごとに厳しい規制が設けられていますが、

それでも環境や農家の人たちの健康に影響を与えます。

また過剰な化学肥料が土壌に残ると地下水の汚染、土壌微生物の消滅などにより、

土壌荒廃へと繋がっていきます。


MidiUmiの洋服にもたくさんコットンが使用させれています。

コットンは肌にも優しく、非常に優れた素材です。


私たちは綿花栽培が環境に与える負荷を理解し、私たちが出来るサスティナブルな行動の一環として、

オーガニックコットンの使用を推進しています。


オーガニックコットンとは有機栽培綿のことで、

2~3年以上農薬や化学肥料を使用していない土壌で生産された綿花のことです。

栽培に使われる農薬、肥料については厳格な基準が設けられており

認証機関が実施検査を行っています。


MidiUmiではオーガニックテキスタイル認証素材を使用したもの作りを意識し

お使いいただく皆様と共にオーガニック農業者の支援と地球自然環境、生態系を守る

大きなネットワークの一環でありたいと願っています。


オーガニックコットン、普通のコットン、どちらも洋服になれば違いは分かりません。

でもオーガニックコットンを使用するか、しないかはとても大きな違いです。


まだまだ全てのものをオーガニックコットンにはできていませんが

MidiUmiはサスティナブルな行動を継続します。





MidiUmi(ミディウミ)


オーガニックコットンを使用した商品には、画像に映っていますタグを付けさせていただいています。