top of page

Ethical story vol.03_MidiUmi SOIL




2024 S/Sの今シーズン、MidiUmiが新たに取り組んだ「SOIL」シリーズをご紹介します。


SOIL=は、土、大地、土壌などの意味を持つ単語。


これまでもオーガニックコットンを使用したり、リサイクル素材をアイテムに取り入れるなど、サステナブルを意識して地球にやさしくあるための取り組みをしてきたMidiUmi。それはアイテム作りにとどまらず、店舗設計やショップの什器にいたるまで“今”できることに向き合ってきました。


そして、今シーズン新たにリリースしたのが「SOIL=土シリーズ」です。

これまでもリサイクル素材などを利用してアイテムを製作してきましたが、異素材が少しでも混ざっていると次のリサイクルが困難でした。今回のSOILシリーズでは、異素材とミックスすることなく天然素材のみを選択し利用しています。


それは縫製に使用する糸や芯地、ボタンにいたるまで天然素材にこだわり、最後に洋服を処分する際に燃やさず、自然に還すことができます。


新たなアイテムを作る際には、ある程度の二酸化炭素を出してしまうのは仕方のないこと。

その中で、リサイクルを止めない→素材を混ぜない→新たな石油原料を生み出さない→処分の際に燃やさない、を目標としています。


処分の際にも自然に還るように、そして仮に処分で燃やすことがあっても、天然素材であれば石油由来の原料を燃やすよりも二酸化炭素の排出が少なくてすみ、環境にも優しくなります。そういった循環を少しずつでも増やしていけるよう進めていくのが、SOILシリーズの取り組みです。







アイテムにはすべて天然素材の糸で縫った、漢字の「土」のロゴマークが入るのが目印です。


通常のタグは白い糸で留められますが、SOILシリーズは四方がオーガニックコットンの赤いステッチ留めで、それがアクセントになっています。








アイテムの中で使用されているパーツも天然素材を採用。ひとつひとつ味があり光沢感のある貝ボタン。


カジュアルアイテムがそろうMidiUmiらしく、ニュアンスのあるナチュラルな素材感。ざらっとした風合いも魅力です。













コメント


bottom of page