crew neck pull over



しっかりとした生地感のニット


ニットにも色々と種類があります。目の詰まったものや、太い糸で編んだものなどニットは個性豊かなアイテムです。


このニットは目が詰まっていて、しっかりとした生地感なのですが、そこにはこのニットのルーツが関係しています。


このニットはガンジーニットがルーツになります。

イギリスとフランスの間にあるガンジー島という小さな島で、その島に住む漁師たちが着ていたニットがガンジーニットの始まり。





ガンジーニットの特徴は、アームホール付近や裾に施された独特な編み模様。


編み模様はデザインとしてもポイントになりますが、この編み模様は漁師が海難事故にあった際の目印になるように、各家庭でオリジナルの模様を編んでいたそうです。


生地がしっかりしているのも、極寒の海での作業着がルーツであるがゆえなのです。


・・・ご安心ください、素材はコットン、ウール、カシミア混なので、しっかりとしながらも優しい肌触りになっています。




首元に小さな三角形の切り替えが施されています。


これも勿論ガンジーニットがルーツ。


本来のガンジーニットは丈夫な糸で硬く編まれ、さらに体にフィットするような形です。にもかかわらず、動きにくさを感じさせないのは脇下にガゼット(補強等の切り替え)が施されていたからなのです。


漁師たちが快適に作業するために生まれた機能を、装飾に転換したのがこの小さな三角形。

着ていただくと、これがいいアクセントになります。





伝統的なデザインを活かし、毎日でも着たくなるサイズ、シルエットにしました。


ちなみ本来のガンジーニットは漁師たちが毎日着れるように、汚れたら前後を逆でも着れるよう前後同じパターンになっています。

実はこのニットも、前後どちらでも着ていただける仕様となっています。


デザインひとつひとつにこだわりの詰まったニット、ぜひ毎日でも着ていただきたいです。


こちらの商品は「ONLINE SHOP」よりご購入いただけます。

MidiUmi(ミディウミ)